FlashDLPrint リリースノート

バージョン-2.1.2
1. fdgに関する問題を修正しました。
2. レジン種類を追加しました。
3. いくつかの翻訳を修正しました。

バージョン-2.1.1
1. いくつかの翻訳を修正しました。
2. ライブラリファイルがない問題を修正しました。

バージョン-2.1.0
1. 新しいプリンター種類を追加しました。
2. 印刷ファイルタイプ(FDG)を追加しました。
3. 構造体ドラッグをサポートする機能を追加しました。
4. サポート構造体のコンタクトポイントを複数にする機能を追加しました。
5. 既存のサポート構造体に補助的なサポートを追加できるようになりました。
6. サポート・パラメータの変更と追加をしました。
7. 自動サポートの速度を最適化しました。
8. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-2.0.1
1. Windowsで英語以外のアカウント名でスライスに失敗する場合がある問題を修正しました。
2. 小規模言語の翻訳の一部を更新しました。
3. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-2.0.0
1. FlashForge Focusモデルに対応しました。
2. 手動でサポートを追加する際、自動的にクロス接続を追加するようにしました。
3. 自動でサポートを生成する際に、元のサポートを保存することができます。
4. サポートの表示を最適化して、サポート数が多い場合に表示バッファリングが発生しないようにしました。
5. 大きな.svgxファイルの表示モードを最適化しました。
6. stlファイルの抽出シェル機能を追加。
7. ラフトのモデル名追加に対応。
8. 穴の方向を制限するための「X軸」と「Y軸」オプションを追加しました。
9. 移動、回転、ズームなどのビュー機能を最適化しました。
10. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.3.3
1. インフィルの設定でモデルの中空ベースをサポートします。
2. 新しい印刷方法を追加しました。
3. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.3.2
1. Base TimeとAttach timeの最小値を0.1秒にできるようになりました。

バージョン-1.3.1
1. リーディングホールの機能を強化しました。穴の形状と方向の制限をサポート
2. 2. 新しいプリントとサポートソリューションの追加。
3. Windowsで、.fdpファイルのサムネイルが理想的に表示されない不具合を修正しました。
4. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.3.0
1. ファイルリストの機能を追加しました。
2. 複数のモデルを選択して独立して回転させたり、ベースプレート上に配置することをサポート。
3. スライスアルゴリズムの最適化により、コネクターの破断面による目詰まりを改善。
4. ハンターでサポートが正しく印刷されない問題を修正。
5. サポートドキュメントを追加しました。
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.2.1
1. Flashforge Explorer Maxのマシンタイプを追加しました。
2. アタッチ時間の最大値を300秒に設定できるようにしました
3. サポートとモデルの間のスペースの機能を最適化し、機能開始後にサポートとモデルが取り付けられないことを回避する。
4. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.2.0
1. 自動サポートの新しいアルゴリズムを使用し、自動サポート後のモデル印刷の成功率を向上させました。
2. 自動サポートにY字型接続の機能を追加し、内側のサポートを減らしてフィラメントを節約できるようになりました。
3. 「自動セット」において、高さのあるモデルを中央に配置する機能を追加。高さのあるモデルをビルドプレートの中央に優先的に配置できるようになりました
4. 新しい印刷方法の追加
5. ポルトガル語に対応
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.1.0
1. リーディングホールの機能を追加
2. サポートの追加時のみ、追加されたサポートポイントを表示し、視界の妨げにならないよう変更
3. サポートシリンダーの一部を選択して、サポートのパラメータの修正をサポート
4. サポートをモデルから分離する際のダメージを減らすために、スライス時にモデルに接触しているサポートシリンダーの一部を取り除くことをサポート
5. 新しい印刷方法の追加
6. ポーランド語、イタリア語に対応
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-1.0.0
最初のリリース