FlashPrint リリースノート

バージョン-5.1.1
1.Creator4追加
2.Creator3 、GuiderIISに一部スライス設定追加
3.その他の機能の最適化とバグ修正

バージョン-5.1.0
1. 新しい言語の追加
2. Z軸座標補償機能追加
3. その他の機能の最適化とバグ修正

バージョン-5.0.0
1. UIリニューアル
2. 新しいマルチデバイス管理機能
3. 新しいデバイス詳細、プリントコントロール機能
4. スライスプレビュー改善
5. スライス設定パラメータを追加

バージョン-4.6.4
1. Adventurer4追加
2. Adventurer3シリーズ共通、Adventurer3シリーズになります。
3. Creator Max 2に0.6mmノズル追加
4. Adventurer3、Adventurer4にスライス設定を追加

バージョン-4.6.3
1. Adventurer 3 Pro対応
2. その他の機能の最適化とバグ修正

バージョン-4.6.2
1. コピー/ミラーモードで樹脂を出していない時の速度に印刷範囲外のバグを修正

バージョン-4.6.1
1. Adventurer3シリーズのノズル温度の上限を265度に変更
2. Adventurer3シリーズにPC、PETGのプリントパラメーター追加
3. スライス最適化、モデルの小さな部分でのパスの欠落の改善
4. その他の機能の最適化とバグ修正

バージョン-4.6.0
1. Windows環境でGcodeファイルのプレビュー速度を改善
2. CreatorPro2の0.6mmノズルのスライス設定追加
3. CreatorPro2、Creator3の新しいフィラメントのスライス設定追加
4. エキスパートモードでラインサポート材のトップソリッド密度と水平展開の設定を追加
5. ラインサポート材を使用している場合、モデル印刷を改善するために、Gcodeパスを最適化
6. スライスしてGcodeプレビューを生成してからGCodeをエクスポートする機能追加
7. gcodeに機種を保存できる、ロードした後にチェックも可能
8. アラインドデュアルヘッド機能を追加
9. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.5.2
1. コピー/ミラーモードにプリントできない問題を修正

バージョン-4.5.1
1. スライス構成の互換性がない問題の履歴バージョンを修正

バージョン-4.5.0
1. エキスパートモードにラフトの押し出し量の設定ができる、モデル底部の印刷品質を改善
2. エキスパートモードにスライスプロファイルのインポートとエクスポートする機能を追加
3. gcodeにフィラメント種類を保存できる、ロードした後にチェックも可能
4. ノズルサイズに基づいてスライス層の高さが調整できる
5. スライスパラメーター最適化
6. マイナー言語の一部更新した
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.4.1
1. Creator Max 2対応

バージョン-4.4.0
1. 複数プリンターをコントロール機能追加(マルチ機器制御)
2. Creator 3の0.6mm、0.8mmノズルのスライス設定追加
3. 一部スライスパラメータ最適化
4. Creator Proのデュアルヘッドは、1つずつプリント中で停止する問題を改善
5. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.3.3
1. Creator Pro 2最新バージョン最適化

バージョン-4.3.2
1. Creator Pro 2のスライスパラメーター最適化

バージョン-4.3.1
1. Adventurer 3の0.3mmノズル追加
2. Creator Pro 2のコピー/ミラーモードのx軸プリント範囲は95mmまで更新
3. 一部スライスパラメータ最適化
4. 線形サポートメッシュパスが生成できないバグを修正
5. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.3.0
1. Creator Pro 2,Adventurer 3C対応
2. 左右ヘッドそれぞれノズル拭きタワー機能を設定機能追加
3. エクスパモードに新機能追加:Z-HOP Mode
4. 一部パラメータ最適化、新フィラメントのパラメータ配置
5. Creator 3のノズル温度上限を320までに更新
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.2.0
1. エキスパートモードに一つずつプリント機能追加
2. エキスパートモードにZ軸補助機能追加
3. エキスパートモードにラフトの速度上限が設定できる
4. Guider II S Seriesの0.3mm、0.6mm与0.8mmノズルのスライス設定追加
5. 一部スライスパラメータ最適化、一部のスライスパラメータの制限範囲を解除
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.1.0
1. エキスパートモードに一定の高さまで印刷した後、プラットフォームの温度をリセットする機能追加(一部機種だけ)
2. Adventurer 3のエキスパートモードにASA、PA、PC、PETG、木材フィラメント対応、樹脂の巻き戻し機能追加
3. Guider II Sのスライス設定追加
4. Creator 3のスライス設定追加、一部スライスパラメータ最適化
5. ワイピングタワー崩壊を回避するためにワイピングタワーのラフト形状の最適化
6. ショートカットキー(+/-)を使ったシーンのズームに対応
7. ドイツ語追加
8. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-4.0.2
1. Creator Maxアップデート版一部機能的なバグ修正

バージョン-4.0.1
1. Creator Max対応

バージョン-4.0.0
1. 複数プリンタの同時接続に対応
2. LAN上のプリンタ対応
3. デュアルヘッド機種に左右ヘッドの樹脂垂れ防止機能を個別に設定できる
4. Creator は、左右ヘッドの開始位置を個別に設定できる
5. Windowsでfppファイルが正しく表示されない不具合を修正
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.28.0
1. デュアルノズルから溶かされた樹脂が出す問題を避けるためにワイピングタワー機能追加
2. サポートタイプは枝形からライン形に変更機能追加
3. 第一レイヤーの押出率を設定できる
4. Gyroid充填名は3D充填に変更
5. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.27.1
1. Adventurer 3 Lite対応

バージョン-3.27.0
1. Gyroid充填機能追加
2. 可溶性サポート材の適応機能の最適化
3. Creator3の一部スライスパラメータ最適化
4. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.26.1
1. 韓国語追加

バージョン-3.26.0
1. Creator 3のスライスパラメータ最適化
2. Creator 3はPA、PC、PETG、PVAフィラメント対応
3. プリントプレビュの時、一部のスライスパラメータの表示機能追加
4. Creator Proのメインボードパラメータのリセット機能追加
5. 自動サポートにオーバーハングスレッシュ機能なバグ修正
6. ポルトガル語追加
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.25.1
1. Guider II 与 Guider II Sのヘッド温度上限を300までに更新
2. 一部バージョンのFinderと互換性がある

バージョン-3.25.0
1. Creator 3対応
2. 画像から球面浮彫りstlに変更機能追加
3. Adventurer 3のスライスパラメータ最適化、ヘッド温度上限を240までに更新
4. 可変レイヤー高機能最適化、積層ピッチが短いところで上面積層数と底面積層数を自動的に追加機能追加
5. Creator Proに花瓶モードのスライスエラーバグ修正
6. ポーランド語追加
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.24.0
1. モデル外層の印刷開始地点としてインナーリセスポイントを設定機能追加
2. ラインパスとモデル1層目の充填パスとの間の角度を設定機能追加
3. 自動サポートにプレートのみ接触機能追加
4. 「最近接続」メニューを追加
5. FlashCloudにモデル共有機能追加
6. Hunterに対応できず、FlashForgeのホームページに最新バージョンをダウンロードしてください
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.23.1
1. Adventurer IIIスライスパラメータ最適化
2. 花瓶モードに単層シェルによるシームフリーモデルの印刷に対応
3. Inventor IIのヘッド温度上限を260までに更新
4. トルコ語追加
5. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.23.0
1. Dreamer NX対応
2. サポ2ート材を使用する際に、モデルセクションのアウトラインを表示する機能追加
3. モデルが見やすくなりとサポート材を使用するために、立体視での作業ウィンドウ下部の白い線が消える
4. Adventurer IIIスライスパラメータ最適化
5. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.22.0
1. 選択したモデルを自動サポートとサポートをクリアする機能追加
2. 直交ビュー、透視図切替機能を追加
3. サポート材の除去をやすくために、DLPオートサポートはサポートチップの向きを最適化
4. DLPスライシに輪郭補正機能追加
5. DLPスライスは投影時間フェードレイヤー数の設定に対応
6. 充填とコンバインする時、面積の閾値が小さすぎるレイヤーをコンバインしないようにたし、エキスパートモードに領域閾値を設定機能追加
7. 基本モードにスライスときにチップの印刷速度が落ちない不具合を修正
8. 手動でサポート材を追加する時、ラグが発生するバグを修正
9. 壁内の隙間発生を低減するため、壁充填経路の最適化
10. 急峻な表面の表示効果を最適化
11. ショートカットを追加
12. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.21.1
1. モデル上面積層数と底面積層数バグ修正
2. 自動配置を修正すると、モデルが重なるバグ修正
3. Adventurer IIIの最新バージョン対応
4. 日本語翻訳更新
5. 一部機能的なバグ修正

バージョン-3.21.0
1. Adventure IIIとGuider II S対応、バックファンコントロール機能追加
2. ABSフィラメントが剥がれにくい問題を改善するために、ラフトとモデルのスペース設定機能を改善
3. ラフトが剥がれやすくなるために、冷却ファンコントロールを最適化
4. 短すぎるフィルパスを排除し、デュアルヘッドでの印刷時にフィラメント漏れの原因となる空走の一部を減らします。
5. モデルのシーム位置がずれている問題を改善
6. 峻度判定しきい値角度の設定に対応しています。
7. linuxにFlashPrint不具合がある問題を修正
8. チェコ語追加
9. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.20.0
1. DLPスライスする時、モデル投影形状によるベースプレートの生成機能追加
2. DLPスライスにベースプレートの厚さとマージン設定機能追加
3. DLPサポートにラフトだけサポート機能追加
4. DLPサポートにモデルオートリフト機能追加
5. サポートとモデルの接続強度を高めるために、エンドボールを追加
6. DLPサポートは、サポートの端部のテーパー部の長さを調整するために、端部の角度を設定することに対応している。
7. エキスパートモードにラインサポートは、可溶性フィラメントの支持面での印刷結果を向上させるためのキャップ付き層数の設定機能追加
8. ラインサポートはラフトから外れないように、ヘッドとの間隙設定機能追加
9. エキスパートモードに可溶性フィラメントのスライスパラメータを自動適応機能追加
10. フィードバック機能の追加
11. 2回クリックすると参照を調節できる
12. 自動配置機能はモデルのギャップ設定機能追加
13. ファイルダイアログを使って複数のモデルファイルを一度に開く機能追加
14. 一部で fpp に保存した後にサポート材の太さが変わるバグを修正
15. モデルが大きく平らな張り出し面を持つ場合のスライスクラッシュのバグを修正
16. 印刷の成功率を高めるために枠のトレイルプランニング最適化
17. ドイツ語翻訳最適化
18. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.19.1
1. 地域言語がサポートされていない場合にFlashPrintが開けないバグ修正
2. 「新規モデルを自動配置」機能バグ修正
3. 可変レイヤー高編集画面で「モデルボーダーを表示」機能をブロック

バージョン-3.19.0
1. レイヤーの高さを変更にするスライシング機能追加
2. プリントのクウォリティを高めるためにブリッジ機能追加
3. オブジェクトの先端細い部分のプリントでターボファンのオンオフタイム編集機能追加
4. Windows で fpp, gx, svgx ファイルのサムネイル表示を追加
5、出力に必要なフィラメントの重量推定機能追加
6. アラビア語、ドイツ語追加
7. SLCフォーマットはZ軸による回転、X/Y軸による180度反転に対応
8. Creator Proにditto printing機能対応
9. DLPプリント時間の推定機能を最適化
10. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.18.1
1. DLPモデルのスライス層高さ誤差問題を修正

バージョン-3.18.0
1. SLCフォーマットを最適化、手動サポート、スケーリング、スライスはレイヤーの高さに制限されなくなる
2. モデル内部のサポートの追加・取り外しやすいために、サポート材編集で高さによる半透明表示機能追加
3. モデル編集でミラーリング機能追加
4. DLP「カスタムマテリアル」スライス設定が出来て、カスタムスライスレイヤーの高さが設定機能追加
5. エキスパートモードのブリム機能は、穴の中でのブリムパスの生成をサポートしていません。
6. エキスパートモードに基本充填と内部充填組み合わせのレイヤー数を個別に設定機能追加
7. 一部の隙間が埋まらなくて空洞化しないように、狭い隙間の埋め方を最適化
8. 「モデルのショートカット」機能最適化
9. カラムサポートで「外部サポート」オプションをオンにした場合、水平接続が生成されない不具合を修正
10. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.17.0
1. ラインサポートが削除しやすくために最適化され、エキスパートモードに関連する設定項目をいくつか追加
2. エキスパートモードに間隔レイヤーで充填レイヤに設けるという充填の組み合わせ機能追加
3. SLCファイルの移動、保存機能追加し、SLC表示を改善
4. 壁最適化し、デュアルヘッドで印刷する際のミスフィラメントのスクレイピング問題改善
5. インターフェースのレイアウトを最適化し、ローテーションエディタに面による平坦化機能追加
6. 微細なモデルのスライス速度を向上
7. 場合によってはDLPの自動生成されたサポート材の過密度を修正
8. 場合によってはデフォルトのウィンドウサイズが画面範囲外の問題を修正
9. Inventor IIを選択するときにエキスパートモードのスライス構成が初期化されない問題を修正
10. Creator Proでファームウェアのアップデートが失敗するバグを修正
11. 一部のモデルが3mf形式で保存されない問題を修正
12. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.16.2
1. Guider IIとInventor対応

バージョン-3.16.1
1. ポーランド語、スペイン語、日本語追加
2. DLPフィラメントのスライシングを追加

バージョン-3.16.0
1. DLP機種にSLCファイルフォーマット対応
2. DLPサポートに「ラテラルリンク」機能追加
3. DLPラフトに「ベベルドエッジモード」機能追加
4. 高解像度モニターでの表示を改善するために、大きい文字追加
5. 「サポート材削除」機能追加
6. 自動サポートを最適化して、一部のサポート漏れや過剰の問題を修正
7. 一部パソコンでFlashPrintとプリンタが接続できないバグを修正
8. ポーランド語、スペイン語の更新
9. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.15.0
1. Finder対応
2. エキスパートモードのスライスは、ベースプレートのレイヤー高さ、レイヤー数、速度などの設定追加
3. エキスパートモードのスライスにラインフィル「クロスアングル」の設定追加
4. エキスパートモードのスライスに「最適化の開始点を許可する」設定追加
5. エキスパートモードの枝サポートに、「樹脂を出していない時、プラットフォームを下げる」という設定追加
6. 場合によってはモデルの不正確な移動とセンタリングのバグを修正
7. カット後にモデルを移動しないために、「モデルの位置を固定する」機能追加
8. モデル検出機能を最適化し、大型モデルを読み込み時にメモリを過剰に消費しないように
9. ノズル温度を255度までに変更、245度を超えるとポップアップ表示
10. ファームウェアの更新メカニズムを変更
11. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.14.0
1. Hunter対応
2. モデルをプラットフォームに固定して転倒を防ぐために、枠機能追加
3. 印刷する時、特定の高さまでヘッドの温度をリセットする機能追加
4. デュアルヘッド印刷時、ヘッド切り替え後のフィラメント欠落問題を改善するために、壁機能を最適化
5. サポート付きのモデルの移動とコピー機能追加
6. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.13.2
1. Inventor対応
2. Dreamerのエキスパートモードにスライス設定エラーバグ修正
3. macOS Sierraでプログラム終了時のクラッシュを修正

バージョン-3.13.1
1. 一部の TF カードは印刷ファイルの転送とファームウェアアップデートを失敗問題修正
2. エキスパートモードに冷却ファンの状態を「指定された高さまで」に設定した後、スライスに失敗する不具合を修正

バージョン-3.13.0
1. 3MFファイル形式に対応します。
2. 優先なヘッド設定機能追加
3. パラメーター設定に軟性と導電性のPLAが追加
4. ソフトウェアの更新時に更新ログを表示
5. デフォルトの印刷速度を低下させ、印刷品質を向上
6. ラインサポートによるモデルスライスクラッシュのバグ修正
7. 可溶性フィラメントを使用した場合、モデルとラインサポート間のZ方向のギャップが除去されない不具合を修正
8. 大型なモデル修復時間を短縮ために、モデル修復コードを最適化

バージョン-3.12.0
1. 初めてのユーザーウィザード機能追加
2. 画像からスタンプエンボスSTLに機能追加
3. Finderがレベリングセンサーに衝突しないために、プラットフォームを上げる前にX/Y軸を動かす
4. Dreamer/Guider/Finderを使った時、スライスのデフォルトの出力形式が .gx に変更
5. 穴のないモデルや穴の中にオブジェクトがあるモデルを使用した場合、エキスパートモードのサイズ補正機能がエラーになる不具合を修正しました。
6. エキスパートモードに一部のモデルの縫い目の位置がユーザー設定と一致しないバグ修正
7. エキスパートモードに塗りつぶし速度設定機能が不具合バグを修正
8. 一部のモデルのスライシングのクラッシュバグを修正
9. 一部のモデルに自動サポートする時、冗長なサポート材付くバグ修正
10. 特定のモデルを修正してもプレビューに超高値が表示されないが、スライス後に超高値が表示されるバグ修正
11. ノズル温度とプラットフォーム温度上限変更

バージョン-3.11.0
1. スライス設定ダイアログにパラメータの命名法の説明を追加(マウスがコントロールの上に乗ったときに表示され)
2. ライン塗りつぶしに近いスピードと高い層間密着性を持つために、モデル内部充填パターンは三角形が追加
3. チェコ語追加
4. 最大速度で使用する場合の印刷を改善するために、エクステリアの最大速度を制限機能追加
5. ラインサポートの充填密度を増やして、サポート面の効果を向上
6. 印刷を一時停止の高さが一部のケースで動作しないバグを修正
7. 六角形の塗りつぶし密度を調整し、実際の塗りつぶしが設定値よりも大きくなる問題修正
8. 一部の特殊な薄壁モデルが複数のプリントに分割されることを避ける
9. x3gファイルのプレビュー表示が不完全なバグを修正

バージョン-3.10.0
1. スライシング設定ウィンドウにエキスパートモードを追加、スライシング設定パラメータ機能追加
2. 内径・外径サイズ調整機能追加(エキスパートモードで利用可能)
3. 外輪の開始位置を設定機能追加(エキスパートモードで利用可能)
4. 印刷効果を向上させるためにCreator Proのデフォルトの構成パラメータを調整
5. イタリア語追加
6. ベースプレートが剥がれにくいという問題改善するために、ベースプレートのパラメータを調整
7. スライス時にヘッドを選択忘れてサポートが生成されないように、デフォルトでサポートプリントヘッドの自動マッチング機能追加
8. 一部の複雑なモデル(レリーフモデル)を修正すると、充填をコンバイン後にクラッシュするバグ修正
9. 一部のモデルでエラーが発生した場合にも対応できるように、自動サポート生成機能を最適化
10. 張り出しモデルのベースプレート生成時のクラッシュバグ修正

バージョン-3.9.0
1. Creatorシリーズに対応、CreatorPro専用Gコードであるx3.gデーターが出力できます。
2. 支持体を生成する際には、支柱の直径やベースの直径など、いくつかのパラメータが設定に対応しています。
3. ツリーサポートの底面をデフォルトで厚くすることで、底板が印刷されていない場合に、ツリーサポートがプラットフォームによりよく密着するようになります。
4. 高解像度画像を使用して平面レリーフを生成する際に、特大サイズのstlファイルが生成されてしまう問題を修正しました。
5. デフォルトのスライスパラメータを最適化し、「標準」構成の内部充填の強度を増加
6. Dreamerのファンをオフできない問題を修正
7. Ctrl+DからCtrl+Vへのモデルコピーのショートカットキーと、Ctrl+LからCtrl+Oへのモデル読み込みのショートカットキーを変更
8. 新規モデルの自動配置機能追加
9. グラフィックスカードがOpenGLのバージョンを自動的に検出し、バージョンが低すぎるとメッセージが表示機能追加
10. 一部の64ビットWindowsシステムで正常にスライスできない問題を修正
11. 上面積層数と底面積層数の上限を30まで変更
12. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.8.0
1. 塗りつぶしマージ印刷機能追加
2. 指定された位置に到達した後にファンをオンにする機能追加
3. 円柱、鉛筆、ランプシェードの形をしたモデルの生成をサポートしています。
4. 一部機種の自動サポート生成時に必要な箇所でサポートが生成されない問題を修正
5. モデルカットで占有しているメモリの解放が間に合わない問題を修正

バージョン-3.7.1
1. メモリ不足時に未使用メモリの解放を容易にするために、クリア・アンドゥ・スタック機能追加
2. Windows XPでドライバ署名の更新とドライバインストール失敗問題修正
3. Windows XPでソフトウェアをインストールすると、登録モジュールの失敗のメッセージが表示されなくなる
4. 誤差があるモデルを正常にスライスするために、スライス機能を最適化
5. ソフトウェアのエラーが発生したときに、より詳細なエラー情報を提供するために、一部の警告メッセージボックスを最適化
6. 一部の特殊なモデルをインポート、カットした後にソフトウェアがクラッシュしたり、動かなくなったりする問題を修正
7. メモリフットプリントを削減するために、メモリリークを修正
8. Microsoft Surfaceで、タッチスクリーンのダブルタップでモデルカットが起動できない問題修正

バージョン-3.7.0
1. モデルカット機能追加
2. スライス後にラインサポートのサポート領域が小さくなるバグを修正
3. Windowsシステムは、フォルダ内のサムネイルとしてのstlをサポートしています(Vista以上)
4. gcodeファイルのプレビュー時にサポートとモデルが異なる色で表示される
5. 左ノズルのファン設定と現在のレベルが右ノズルの素材に誤って適用されて適応されてしまう不具合を修正
6. モデルのエラー検出コードを最適化し、モデルのインポート時間を短縮
7. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.6.0
1. 一定の高さで一時停止機能を追加
2. 推定印刷時間と実際印刷時間の差が大きすぎる問題修正
3. macでソフトウェアを起動した後に白い画面が表示される可能性を解決
4. 六角形の充填パスを最適化し、塗りつぶしパスを文字列化
5. サポート数が多いと壁が遅いという問題を解決
6. ラインサポート数が多い場合、メモリ使用量過多の問題を解決
7. 樹脂を出していない後に開始パスでフィラメントが欠落する問題を改善
8. 不要な縫い目を減らすために、薄肉のパスをいくつかつなぎ合わせます。
9. モデル内に視点を移動した後に枝サポート材を追加できない問題を修正
10. gxファイルを生成する際の不完全なモデルのスクリーンショットの問題を修正
11. 一部パラメータ最適化、一部機能的なバグ修正

バージョン-3.5.1
1. Windows 64ビット版のスライスが83%の進捗率でスタックしていたバグを修正